フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬足について
2013年10月14日 (月) | 編集 |
子どもの靴育セミナーをやりますと必ず出る質問があります

それは『瞬足』のこと。

靴の構造としては△。

そして何より靴底の形が良くないとお話しています。

駿足

けれど歩行時には影響が出ないように考慮されているそうです。

こちらの記事で知りました。

>>【子供靴マニア】

知らなかったとはいえ、批判的なことばかり言ってしまったことに反省

それでもオススメはしませんけどね

△は変わりません

このマニアさんのブログの後半に履く際の注意点など書いてありますので

ぜひご参考に。



今まで軽く扱われていた子ども靴に力を入れた点では素晴らしいと思います。

靴業界の活性化にもつながっていると思います。

実際、子ども靴に力を入れるメーカーさんが増えました。


ただ

まだまだ消費者の意識も「安い」「オシャレ」に傾いているのも事実。

これに「子どもの足に良い」というポイントも加えて重視されてくると

もっと「イイ靴」が世に増えると思います。

CA2FRZDM.jpg






セミナー日程変更のお知らせ
2013年10月04日 (金) | 編集 |
カルチャーモールマナマナさんで行われる
【子どもの靴育セミナー】

10月8日 11月5日(火)に変更になりました!!

ご注意ください

CA2FRZDM.jpg

菅生分館セミナー写真
2013年09月30日 (月) | 編集 |
9.20の靴育セミナーの写真をいただきました!

IMG_6464-2.jpg
IMG_6479-2.jpg

沢山来て頂き、ありがとうございます(*^_^*)


ファーストシューズとは・・?
2013年09月24日 (火) | 編集 |
秋めいてきましたね

先日の宮前区での【子どもの靴育セミナー】
担当スタッフの方からご感想をいただきました!

」line足跡

足を健康に整えることの重要さを知り、デザイン重視で選んでいたことを反省して、道具としての靴選びを心がけてみます。

子どもの足の特徴もわかりやすくご説明頂き、とても勉強になりました。

うちに帰り早速子どもたちの足のチェックをしました。
3歳の長男の足に土踏まずできていました。裸足で外遊びが大好きな子です。
でもあちこち固くなっていたり、小指は少し内側に入り込んでいました。
この夏便利さに負けてクロックスを買ってしまったことを反省です。
しっかり選んだ靴でどう変わっていくか、楽しみです。


」line足跡


合わせてご質問もお受けしました

QQQQQ
1歳になったばかりの次男は、いま伝い歩きをしていて、靴はこれからです。
一般的にファーストシューズとして販売されているものは、柔らかい素材のものが多いように思いますが、
歩き始めのころから見本の靴のようなしっかりした靴を履かせた方がよいのでしょうか?

AAAAA
歩くときはもう見本のベビーシューズでOKです。
柔らかいものは歩く前の物です。外用靴下みたいなものですね。

欧米では革靴が当たり前なので、見本は柔らかい方なのです。
足にぴったり過ぎても痛くなってしまうかもしれないので
ワンサイズ大きいのも履かせてみて比べてみたり、インソールで調整してみたりしてくださいね。
見本以外の靴も過去ブログで紹介してるので検索してみて参考になさってください~

」line足跡

ありがとうございました

写真もいただきました
また後日~



菅生分館『子育て講座2013』子どもの靴育セミナー
2013年09月20日 (金) | 編集 |
今日は【子どもの靴育】セミナー

川崎市宮前区菅生分館での『子育て講座2013』さん主催です。


今回は最初から皆さんこちらをしっかりと向いてくださり
リアクションが良くてやりやすかったです

後半の足のトラブルチェックは
皆さん裸足になってくださり
お互いに見たり言い合ったりして
盛り上がりました

関心の高さが伺えます


ちょっとしゃべり過ぎてしまい時間オーバーしてしまいました(^^ゞ

質問の時間が短くなってしまい申し訳なかったです・・

何かご質問ありましたらいつでもメールください。

フットカウンセリング等々、出張いたしますよ~

お友達と一緒でもOKです

お待ちしております



詳細はいずれ写真とアンケートをいただいたらまたします。



受講してくださった皆さん!講座のために動いてくださった担当の皆さん

ありがとうございました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。