フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性痛の正体とは・・!?
2009年03月05日 (木) | 編集 |
『ためしてガッテン!』(再放送予定日)見ましたか?
面白かったですね~

コリの場所と痛む場所が違うのは、脳の勘違いだったとは・・

整体の授業でもクライアント本人が言っている痛いところをやるより別の部位
『ガッテン』で言っていたトリガーポイント)
をやったほうが、痛みをとるには早い場合がある
先生はおっしゃってました

ただ、『ガッテン』と違うのは
脳の勘違いではなく
トリガーポイントをかばうあまりに他の部位に負担がかかり、その部位までコリや痛みを引き起こし
部位によって痛みが出やすい筋肉と出にくい筋肉があるため
差が出てしまう・・と習いました

たとえば・・
パソコンで使って疲れてコリが出るのは本当は目や腕なのに
すぐに痛みが出ないために、コッテいることに気がつかない
 
そしていつの間にかその負担が肩にきて、
肩は痛みが出やすいため「肩こり」となって現れる
 
そのため、肩こりの原因は肩ではないのに、肩ばかりもんだりシップを貼ったりする
 
しかし根本の原因を解決していないため、また痛む

というわけです

脳の勘違いより説得力ある気がするのですが・・私はね
西洋医学と東洋医学の考え方の違い・・ですかね~

脚も同じです
痛みが出にくい部位なので
かなりコッテいたり疲れていたりするのに、痛みがないためにほおっておいてしまう
 
腰痛が出たり膝に痛みが出たりする
 
脚(ふくらはぎ・ももなど)が痛くなるころにはかなりコリがひどくなっています
(*筋肉痛とは違いますよ・・また後日書きます)

その脚のコリの原因が足や歩き方・間違った靴選びにあるのです

痛いのは肩なのでついそこをやってもらいたくなるし
もんでもらうと気持ちがいいのですが
本当は全身をやってもらった方がいいのです
その方が早い場合があります

我々はお客様の話から推察することが多いです
身体をさわっただけでわかる人は、かなりのベテラン整体師でないと難しいからです

その為に最初にカルテ書きをお願いしています
同じ「肩こり」でも
ガテン系の仕事の人と、PCを使う人では根本原因が違いますから・・ね

ちなみに痛みが出やすい筋肉と出にくい筋肉の違いなのですが
学校では小さい筋肉だと出やすく、大きい筋肉だと出にくい
と教わったのですが
私的には
あまり使わない(可動域が狭い)筋肉は出やすく
よく使う筋肉(腕や脚など、可動域が大きい)は痛みが出にくいのではないかと
考えています

ちょっとマニアックな話になってしまいましたね(^^ゞ
最後まで読んでくれた方ありがとー
興味のある方は、来店時にでも聞いて下さい
気が遠くなるほど話してあげます

           おもしろかった&共感して頂けた方はポチっとはくす~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。