フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANALAさん主催【子どもの靴育セミナー】
2012年02月19日 (日) | 編集 |
ファーストサイン教室NANALAさん主催【子どもの靴育セミナー】
先日の木曜にさせていただきました

主催のNANALAさんは“ファーストサイン”という赤ちゃんとジェスチャーを使っておしゃべりする方法をお教えする教室です>>詳しくは>>ファーストサイン教室NANALA
こちらでは年に2回講師を招いてママ向けのセミナーをしているそうで
今回ご指名いただきました

港北公会堂2F和室
こんなところに和室があったんですね~15畳広すぎず狭すぎずのなんだか落ち着ける広さ~

今回の参加者は約8カ月~1才7カ月のBabyを連れたママたち7組です
NANALAの松崎さんが補助についてくださるので心強いです
P1070694.jpg

子連れのセミナーは初めてではないのですが
今回の初チャレンジは・・通常90分はあるセミナーを半分の45分にすることでした
確かに今までのお子さん連れのセミナーですと後半子どもたちがグズッてしまい
「全部聞けませんでした~」という方が出てきてしまうというのが悩みでした・・

ただこの90分は納得して靴選びをしてもらうための大事な内容が盛りだくさんで
削るなどとは考えもしておらず、実は最初渋ってしまったのです
ですが松崎さんから最初は30分でというお願いを『45分にではどうですか』と提案していただき
何とか無い知恵をしぼって短縮化しました

どこまで理解が深まるかはわかりませんが
間違いなく子どもの足と靴に関心を寄せる「きっかけ」作りにはなったはずです

時間枠におさまるかが一番の心配でしたが
予想通りちょい延長気味に
でもNANALA松崎さんにはこのくらいなら「問題ない」と言っていただきました
(優しい方で良かった

今回初試みが靴の履き方(履かせ方)を実践でできたこと
先日セール中のベビー靴を見つけ買っておいたのです
もう歩いていた女の子にモデルをしてもらいました

そこで気がついたことは
「赤ちゃんの足は厚い」
甲高とも言えますね
まだ骨もアーチも出来ていない赤ちゃんの足はほぼ脂肪。
このくらい厚くないと立てないんですね・・きっと

もうひとつ気がついたことは
「ベビー靴はマジックテープのベルトがループ状ではない」
全部調べたわけではないですが
先に書いたセール購入の靴がそうです

そう私はいつも靴選びのポイントを話す中で
「ベルトはループ状を選びましょう」とお話ししています
ですが
必ずしも赤ちゃんの足には「ループ状である必要がない」ことが
履かせてみてわかりました

毎回何かしら勉強させられます

セミナー後はいつも通り質問の
『外反母趾は遺伝しますか?』
『甲の薄い足の場合の靴選びのポイントは?』

あと毎回定番のご質問
『ビーチサンダル・クロックスはどうなのか?』
これらは後日書かせて頂きます


今回は質問の後に気になる方は直接お子さんの足と靴をチェックしながらのご質問タイム
『爪反り・カケが気になります』
これも後日に

アンケート結果はコチラ>>heidihof HP

可愛い赤ちゃんたちにすっかり癒されました
P1070695.jpg


おまけ
「最近の赤ちゃんはオシャレだな~」
という感想を今回改めて思ったのですが
これを2人の男の子(4歳&6歳)のママに話しましたら
「その頃はオシャレできるんだよね~」と。
「動き回りだしたらイイ服なんか着せてられないよ~(特に男の子はね)」
とも言ってました
確かに。
私ははるか昔のことで忘れてましたが。

ふふ、今の内に楽しんでください
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。