フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢上小学校さん『子どもの靴育セミナー』
2011年11月27日 (日) | 編集 |
月曜日に

日吉の矢上小学校 家庭教育学級運営委員会 主催
『子どもの靴育』~足を育てる正しい靴の選び方~

やって参りました!

参加者:38名(内実行委員14名)+校長先生&養護教諭 =計40
今までで最多受講人数です

今回は質疑応答も含め2時間ありましたので 話し倒せました(笑)

写真は広報さんが アンケートは実行委員さんから頂けるとのことなので
また後日したいと思います

委員さん・受講の方々皆さまありがとうございました
矢上小さんから


当日いただいた質問から2つ
『娘がX脚なのですが気をつけることはありますか?』
『座り方で気をつけることはありますか?』


立ちあがって歩きだした頃まだアーチもない小さな足でがんばるために
バランスをとるために脚はO脚になります
 
アーチが出来てきて大人と変わらない歩き方や走り方が出来るようになると
真っ直ぐになってきます・・これが小学校上がる頃
 
この後X脚気味になってきます
 
そして大人になる頃には真っ直ぐになる

というのが脚の成長の流れらしいです~

もちろんアーチの出来具合・筋力の付き具合・運動量などなどにより個人差が出てきます

O脚X脚には骨格の曲がりというのもありますが
骨盤の開きや歪みによる脚の付け根からのねじれというのも一因です

このねじれを助長するのが『座り方』によるところがあります
あぐら

ペタンコ座り・横座り・あぐらは良くないです
正座もあまりよくないとされています

床に座るなら
座布団ひいて背に壁をつけ脚は前にまっすぐ伸ばして座る
のが良いとされていますが
ずっとこれでキープするのは大変ですから
体育座りくらいなら良いかと思います
 体育座り

もともと「座る」という行為自体骨盤に負担をかけるので良くないそうですが。

ねじれているかどうかはカカト&爪先つけてまっすぐ立って見て
ヒザが前を向いているかがチェックポイントです

O脚矯正についてはコチラへどーぞ>>heidihof HPへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。