フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども時代の足育ての大切さ
2011年05月22日 (日) | 編集 |
日吉から初来店のJさん
【初回お試しAセットとフットカウンセリング】

見た目とリフレで触った感触でむくみがあるとわかる足・脚でした
レッグトリートメントをしました
Jさんはふくらはぎを押すと痛みがあります

このブログでも何度か書いていますが
脚の筋肉は元々とても強く、ちょっとやそっとの疲労ではへこたれません
肩が比較的痛みが出やすいのに対し、脚が痛むことはなかなかありません

そ・れ・だ・け・に
痛みがあるということはかなり疲労している、コッテいると言えます


子どもの時から扁平足外反母趾だったというJさん

扁平足とは学術的に言いますと足裏の縦内側の骨格にアーチができていないことを言います
ですが、ここのブログで度々出てきます扁平足
骨格は出来ていても、歩行不足により筋力が落ち、靭帯がゆるんだ状態がほとんどでした

Jさんのフットプリントをとりますと
骨格のアーチ自体が理想とされる足型と比べて半分しかありません
+筋力の落ちもありました

外反母趾は曲がり具合は中程度、母趾の中足骨頭が外に飛び出しています
母趾はタコがあり時々削っているそうです

外反母趾の方は開帳足(横アーチの落ち)でもあります
なので横アーチを指で押して作ってやると曲がった母趾が伸びます

そのはずなのですが・・Jさんの場合は伸びません
やはり子どもの頃からということで関節が曲がったまま固まってしまっているようです・・

まだ骨の柔らかい子どものうちに曲がるとそのまま硬化してしまう・・
大人になってから骨格を形成したり硬化してしまったものを柔らかくすることはできません
子ども時代の足の育成と靴選びの大切さを痛感します・・

トータルフットケアコースをオススメしました
6回コースをご予約されていきました (ありがとうございます!

扁平足には靴インソールがかかせません
外反母趾開帳足の方は趾を使えていないので、趾先に重心をもっていくウォーキングは辛いかもしれません・・
ですが、テーピングでフォローしつつ少しでも質の良いウォーキングを目指しましょう(^o^)丿


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。