フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのくつえらび
2010年07月24日 (土) | 編集 |
久しぶりの出張【子どもの靴育セミナー】にいきました

川崎のMさん宅に+お友達2人
そして
10,11か月の赤ちゃんたちも一緒です

うちの長女がいたら狂喜乱舞(?)していたでしょう~
だってとっても可愛かったですから

当靴育セミナー最年少参加者です



甲を留めるマジックテープの本数は2本以上とお話しましたが
ベビーシューズは2本分が太めな1本となっていることが多いです
ループ状も少ないと思います
赤ちゃんは足の厚みがある(甲が高い)ので
ループ状でなくてもしっかり留まると思います

ですが
それだけに
サイズは気を付けてください
大きすぎは禁物です
大きすぎる靴は前すべりの元=趾に大きく影響します

もしワンサイズ(0.5mm刻み)大き目を選ぶならば、
・インソールでの調節
・カカトが浮かないか
・甲でしっかり留める
ことを必ずしてくださいね



大人の靴選びの場合、基本は同じですが
サンダルの場合
パンプスの場合
ブーツの場合   などなど
色々な靴に合わせた選び方があります

「大人の靴選びセミナー」「トータルフットケアコース」
オススメします
内容がダブる分は料金をサービスさせていただきます



では
子どもの靴選びのことでわからないこと出てきましたら
いつでもご相談くださいね
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。