フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの内股歩き
2010年06月25日 (金) | 編集 |
親子フットカウンセリング

トータルフットケアコースでいらしていた横浜のSさんのご紹介
お兄ちゃんが同級生同士のKさん親子です

Kさんよりのメールでのご相談は
『1・息子の立ち方が内股でかっこ悪いです。靴の裏は内側から減っています。立ち方、歩き方を直すことはできますか?
2・私の足に魚の目が繰り返しできます。毎回、魚の目パッチで取るのですが、何回もできます。相談できますか?』


歩き始めたばかりの子どもはたいていO脚です
それはまだアーチも骨もしっかりできていないからです
そこからバランスをとろうと外股になったり内股になったりします
  
  外股・内股とは・・歩行時に爪先が外へ向いたり内に向いている状態をさします

たくさん歩いてたくさん走って遊んでいるうちに
アーチと骨ができてきて
小学校にあがるころには真っすぐになっていることが多いです

そこで

今回のお子さんは小3年生
フットプリントをとってみますと
土踏まずのアーチが骨は8割りがたできていますが
筋肉が落ちています

伺うと
最近の外出はもっぱら自転車だとか

  自転車・・我が家も坂の上から平坦に越してきたので
  使用頻度が高くなりました(^^ゞ
  早く目的地に着くし荷物も載せられる自転車はとても便利ですよね

でもやはり自転車をこぐ筋肉と歩く筋肉とでは使うところが違います
こちら参照してみてください>>http://questionbox.jp.msn.com/qa2111076.html
足のためだけを考えますとやはり「歩く」ほうが良いです

子どもの歩き方の矯正
何度かお願いされています
子どもの靴育だけではなく「足育」「歩育」もやりたいとはつねづね考えております・・
ですが現時点では
ママがトータルフットケアコースを受けて
①ママから伝えてもらうか
②ウォーキングレッスンだけでも一緒に受けていただくか
でお願いしています

私は自分の子どもにはビシビシ言えるのですがねえ

ママの足についてはまた次回

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。