フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8回コースのススメ
2010年06月15日 (火) | 編集 |
東京のHさん
トータルフットケア8回コース
ラストとなりました

レッグトリートメント 8回
ウォーキングレッスン 7回
フットリフレクソロジー 6回
靴インソール 2回
靴選び&テーピングセミナー 各1回


当店初めての8回コースでしたが

むくみが強かったのでレッグトリートメントは多ければ多いほどよく

ウォーキングレッスンもこれだけあると余裕を持ってでき

靴インソールは『全ての靴に入れていただきたい』私としては
2回分の材料費サービス+2足分入れられたことはとても大きいことだと思いました

今回のHさんのようにプライベート用のウォーキングシューズ(新品)と仕事用の靴(会社支給)の両方に入れられたことはとても良かったと思います
特にお仕事用は会社支給のため、構造が悪くても履かないわけにはいきません
カカトの硬さはなく甲をおさえるポイントもありません
だからこそ
少しでも快適にするためにインソール入れは有効なのです

インソールを入れると
縦・横全てのアーチを支えてくれるので
疲れにくい→歩くのが楽しい!→正しいウォーキングを実践→むくみにくい脚へ
+タコや魚の目を小さく
+アーチ復活への手助け
+足に合わなくて履かなかった靴もフィット感UP→復活
+膝や腰の関節の痛みの軽減
と良いことずくめ
歩いているだけでフットリフレを受けているように気持ちいいのです

ただしインソールの部品は消耗品。
履く頻度によりますがおしゃれ靴でワンシーズン
仕事靴で2~3か月しか持ちません
それだけに材料費2足分が無料のこのコースはお得かと思います

その後のインソールの取り替えも1足¥3,500とリーズナブルな価格設定とさせていただいてます
これは
ずーっとインソールを入れ続けて欲しいことと
安い分、靴の方にお金をかけて欲しいということの2つの願いがあります
もちろん高い靴=良い靴では決してありませんが
もともと靴は\1,000~\2,000で出来るものではないのです
日本人は靴の価値を下げてしまいました

ひとりひとり足の形が違うように
メガネと同じように
靴も道具の1つとして
処方箋をつくるように足のサイズをはかって自分の足をよく診て
靴を購入しましょう

・・そうなるとオーダーメイドが理想ですが
高価すぎて手が届きにくいのが現状です

市販の靴でもできるだけ自分の足にフィットさせるための
インソールなのです


靴の処方箋・・いいですね
コースで靴選びセミナーを受けた後お渡しできると
のちの靴購入のお手伝いができるかもしれませんね
考えてみよっと

Hさんお疲れ様&ありがとうございました
Hさんは実はリフレクソロジスト
いずれご自宅でサロンオープンをするのが夢です
その話をされる時が一番楽しそうに輝いていました
私もこれからがんばっていく‘元気’をいただきました
サロンオープン楽しみにしています
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。