フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前すべりの害
2010年04月02日 (金) | 編集 |
横浜よりSさん初来店です

新小3年生のお兄ちゃんと新1年生の妹ちゃんを連れての【子どもの靴育セミナー】です
こんな小さい足たちのフットプリントをとるのは久しぶりです
『くすぐった~い』と言いつつも動かないようにがんばるお子さまたち~かわいいです
飛び入りで!?でママもプリントをとりました

お兄ちゃん
プリントをとる時点で
趾が地をつかむように自然とぎゅっと力が入るのにビックリ
趾を使えているのはとても良いことなのですが
立つときだけでなく足を投げ出している時でも
趾がぎゅっと縮こまっていることが気になりました
そして見た目1番長い趾が母趾に見えたのですが
この縮こまった第2趾を伸ばしてみるとこの趾が1番長いことがわかりました
  ここではおなじみギリシャ足です
  親より出世する~なんて言いますが

爪欠けも見られることから
靴に押されて縮こまっていたと考えられます
そして立つときに自然と力が入るのも
靴の中で前すべりする足を必死に止めているからなのです
靴に趾が当たると痛いですから、その趾を守っていたわけです

小趾の内反からも前すべりをして靴に趾が当たっていたことがわかります

そしてもうひとつ気になったのが左足の小趾球のタコ
押すと少し痛いとのこと
魚の目です
ずいぶん長いことここに重心がかかっていたことがわかります
歩く時の重心移動が小趾球から抜けて行っているようです
歩きグセのチェックと外反足になっていないかのチェックが必要なようです

残念ながら今回は靴選びのお話しかできませんでしたが
できましたらママがウォーキングレッスンを受けてお子さんに教えてあげられると最適です
一緒にレッスンしてもいいですね

長くなってしまったので続きはまた次回
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。