フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言モノ申す
2010年03月16日 (火) | 編集 |
NHK教育テレビ「すくすく子育て」
『赤ちゃんの足と靴』を観て

がっかり

あれでは「靴は大きくていい」ということになってしまうではないかあ~
「趾が良く動くようにつま先に余裕があるほうがいい」というのはわかります
だからといって
「大きくていい」ことにはなりません
サイズが大きければ、幅やカカトが合わなくなります

靴はあくまでも
足のサイズに合ったものがベストである!としたうえで
大き目を履くなら
・甲でしっかり留める
・カカトの浮きはないか
この2点は最低でもチェックしていただきたい

中敷きで調節するという方法もあります

靴の中で足が前滑りをしていないかがポイントです

「おさがりの靴はOK」とも言っていましたが
・靴裏がすり減っていないか
・靴自体が歪んでいないか
のチェックをしてからもらってください

ちょっと説明不足かなと思いました




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。