フットケアサロンheidihofより健康になる!オススメ情報☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中敷きを入れてみよう(^o^)丿
2009年11月19日 (木) | 編集 |
2か月も前の話になりますが
夏休み明けのことです
学校に久しぶりに行くと「上履きがきつい」
と子どもは言います
毎年のことなのに学校に行かせてから気がつきます
「夏休みの間に大きくなったのね~」なんて感慨深げになっている場合ではありません
即、新しい上履きを発注です

靴にこだわる我が家の子どもたちの上履きも
当然普通のバレーシューズではありません
サイズはわかっているので通販で買います
子どもたちの学校は学年ごとに色が決まっています
ですが、長女のサイズになるとその色の在庫がない場合が多いのです
今回はついに白で妥協しました・・
学校からはまだおとがめはないので内緒よ

そして大抵買ったばかりのでは大きすぎるので中敷きを入れます
今回その中敷きを入れる作業を写真を交えながら説明したいと思います
一見面倒くさそうですが、次女(小4)にもできますというところをお見せしたい

① 中敷き(100均にて厚めのものを購入)の中に足型の紙があります。これを靴のサイズに切ります
IMG_0225.jpg

② 一応靴の中に入れ合うか見ます(爪先やカカトや足囲の部分などダブつくようならカット)
IMG_0226.jpg

③ この紙を中敷きに重ねてペンでぐるっとなぞります
IMG_0223.jpg

④ なぞった線に沿って切ります
IMG_0224.jpg

⑤ 靴に入れてみます(やはりダブつくようならカット)
IMG_0227.jpg

⑥ 履いてみます
IMG_0228.jpg
カカトをとんとん・・(ちょっと大げさ目にやっております)
IMG_0230.jpg
マジックテープをしっかり留めて・・
IMG_0231.jpg
はい、しっかり履けました

⑦ 歩いてみます
IMG_0232.jpg
(ちょっと内また気味だにゃ~

⑧ 趾先が当たる、かかとが浮く・・等なければOK
⑨ 中敷きの裏に両面テープを張り靴の中にとめます(爪先とカカトに1か所ずつで大丈夫です。あまりキッチリつけてしまうときつくなってに取り替えるときはがすのが大変になります)
⑩ もともと入っていた中敷きは大事にとっておいてください(きつくなったときにチェンジします。するとまだ履けます)

簡単です
お子さんと一緒にやってみてください

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。